Habusu 無人航空機 (ドローン・DRONE) 操縦用ビブス

  • 商品説明

Habus 無人航空機 (ドローン・DRONE) 操縦用ビブス

20190710d

20190710aa

 

20190710ab

【SIZE】 XXL 縦横65cm/約93g
【材質】ポリエステル

【カラー】オレンジ/イエロー

  • Habusu 無人航空機 (ドローン) 操縦用ビブス オレンジ色 XXL 目立つ蛍光色
  • オレンジ色 XXL 縦横65cm/約93gで軽くて丈夫。コンパクトに収納可能
  • 一般的にL~LLサイズを着る方用です。男性でも女性でも着用OK
  • 自分が操縦してるとわかりやすくアピール!軽くて操縦の際にも邪魔になりません。
  • 届け出をしていることも目視で確認して頂けます

 

航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。こちらの腕章ですが届け出をした上で着用してください。 周辺の人に自分がドローンを操縦しているとアピールができ危険防止にも繋がりますので、ドローンを使った撮影の時などに役立ててください。

飛行させる手続きにつきましては 『国土交通省 無人航空機の飛行ルール』をご確認ください。

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール 国土交通省
コチラから

Holy Stone HS200・Parrot Bebop Drone 2・Holy Stone SHADOW HS160・DJI Mavic air・PXY Wi-Fi GB401・Syma X8W・DJI Phantom 4 Pro V2.0・Ryze Tech Telloなどの操縦の際にご利用ください。

工事・調査・撮影・取材・報道・撮影・選挙などの際の撮影にもご利用いただけます。

 

腕章タイプはコチラ

 

  • ドローン(DRONE)について

ここ数年で急成長中の業界、ドローン業界。その市場はどこから生まれ、どのように拡がってきたのか、そしてどのドローンメーカーが台頭しているのか、気になるドローン業界の今後について説明いたします。

そもそもドローンは軍事用に開発された物です。軍事から民間に普及していくものの代表としてインタネットがありましたが、ドローンも今後、世界的に需要が増していく物となってきあmした。日本ではどちらかというと悪いイメージがテレビなどで取り上げられてばかりですが、一般にはどんどん普及しており、撮影・工事の調査・農薬散布などあらゆるシーンでドローンは利用されています。

日本のドローンのはじまりはYAMAHAが開発した農薬散布用のヘリコプターが最初だと言われております。

市場規模としては

2015年 175億円

2016年 353億

2017年 533億

と市場規模は成長を続けています。

ドローンで主要なメーカは以下の通り。

・DJI(ディー・ジェイ・アイ)

2015年にはドローン市場のおよそ70%を占める、いわばドローン業界のリーディングカンパニーともいえる中国のメーカーで、香港科技大学を卒業した汪滔らによって創業。DJIのドローンは世界中で活用されており、最近では地上走行ロボット「RoboMaster S1」を発売することを発表し話題となっております。

・3Dロボティクス(3D Robotics)

カリフォルニア州を拠点としたドローンメーカー。一時は人員整理を行ったり企業としての存続が危ぶまれたが、巨額な資金調達に成功。日常的な仕様から業務用のドローンの開発を続けている。

・ゼロ・ゼロ・ロボティクス(Zero Zero Robotics)

こちらも中国・北京を拠点とする民生用ドローンメーカーです。元Twitterのソフトウェアエンジニアでスタンフォード大学大学院出身のMQ Wang氏とスタンフォード大学大学院出身のTony Zhang氏によって設立された会社。ドローンのカメラに初めて人工知能(AI)を搭載したことで有名で、APPLEとの提携をし、誰もが簡単にいつでも屋内外問わずそれぞれの環境で瞬間を記録できる自立飛行型のモバイルカメラ「Hover Camera」を開発中。世界に拠点を置き成長している企業です。

・Yuneec(ユニーク)

中国に本社がある置くYuneecは、ドローン業界にて世界で初めて「パッケージから取り出せばすぐに飛ばせるドローン(Typoon Q500 クアッドコプター)」を開発しました。

・パロット(Parrot)

パリに本社がある、ドローン業界に新たに参入した企業です。中価格帯のホビー用ドローンの人気が非常に高く、ドローン市場のシェアを伸ばしてきています。Yuneecの新ドローンは4K撮影にこだわりたい人向けでデザイン・パフォーマンスが優れているのでまだまだ人気となりそう。

・ハブサン(Hubsan)

2010年に中国で設立されたドローンメーカーで、低価格帯のコンパクトなドローン、いわゆる「TOY・DRONE」の分野で世界的に高い評価を得ているドローンメーカーです。手軽に買える価格帯が多く、これからドローンを始める人にオススメです。

これからもDRONE進化を続けていくでしょう。

そのうち人間がDRONEに乗って移動する未来も近そうです。

西陣石鹸

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。